投稿

伝説の青きプリマドンナに魅せられて。Ⅳ

イメージ
第3章 ブリジッタとアルプスの真珠。(前編) 翌朝、車掌がコンパートメントの扉をノックする音で目を覚ました。どうやら間も無くJeseniceに到着するらしい。窓の外には朝靄が広がり、その奥に真っ赤な太陽が顔を覗かせていた。
 列車は定刻でPostaja Jeseniceに到着した。プラットホームに降り立つと牽引機はSŽのTaurusへとバトンタッチしており、寝台車もÖBBのNJ客車が途中で解結されてクロアチア客車のみのコンパクトな編成になっていた。そのコンパクトな客車に似合わず、牽引機がTaurus三重連というのは余りにも過剰に思えたが、きっと送り込み回送も兼ねているのだろう。
 一晩お世話になった寝台の発車を見送り、薄暗い駅構内で時間を潰してNova Goricaへと向かう気動車に乗り込む。Jeseniceからの道中、列車は渓流に沿って走り、車窓には風光明媚な景色が広がる。ローカル線を走る車内ではただひたすらにゆったりとした時間が流れて行った。


Jesenice to Nova Gorica  このまま数分の遅れを持って終着のNova Goricaへ到着すると思われたが、途中で車掌がやって来て「途中からバス代行だから列車を降りてバスに乗り換えてね」と。
他の乗客と一緒になって途中で下車し、どうしてバス代行なのか訳も分からぬままバスに乗せられた。渓流に沿ったカーブの多い道でもお構いなく攻める大型バスの地元走りを見せつけられたが、無事にPostaja Nova Goricaに到着した。

 Nova Goricaからはレンタカーを借りてKoperを目指し南へと向かう。イタリアとスロベニアとの国境を行ったり来たりしながら市街地を抜けると、車窓にはブドウ畑と赤レンガ造りの家々が流れる。何とも地中海に面した南ヨーロッパらしい景色だった。
 途中のスーパーで食料を買い込み、友人のナビで事前に下調べした撮影地へと向かう。やがて舗装されていない小径へと進んでゆき、視界が開けた場所で車を停めると、眼前には息を飲むほどの絶景が広がっていた。
切り立った岩肌には石灰岩が剥き出しになり、その下の断崖絶壁を縫うように二条のレールが敷かれている。スロベニアの首都Ljubljanaと唯一の貿易港であるKoperを結ぶこの路線は正にスロベニアの物流輸送の生命線と言うわけだ。

 崖っぷちに三脚を据えてのんびりとピク…

伝説の青きプリマドンナに魅せられて。Ⅲ

イメージ
第2章 ニーベルングの指環とラインの黄金。 TG970便はFlughafen Zürichに定刻より少し早い7時43分に到着した。現地の天気は快晴。鋭い朝日を浴びて駐機場にずらりと並ぶSwissairの機体の白十字が到着を歓迎してくれているようだった。 降機後はSkymetroなるケーブルカーで第1ターミナルへと移動して入国審査。友人の堪能な英語力のおかげですんなりと入国できた。入国審査官のお姉さんにスタンプと素敵な笑顔を貰う。いよいよ素晴らしい旅の幕開けだ。

Bahnhof Zürich Flughafenでユーレイルパスを有効化し、Zürich Hbfへと向かう。海外初の列車は客車列車だ。噂に違わない衝撃の殆ど無い発車でBahnhof Zürich Flughafenの地下ホームを滑るように後にした。  Zürich Hbfで地平ホームに降り立つと、頭端式ホームに横一線に並ぶ様々な列車は壮観で、大きなドーム状の屋根には圧倒された。
欧州諸国では国による電源電圧の規格差を解消するために機関車と制御客車で客車を挟み込むPendelzugと呼ばれる編成が多く見られる。スイスでも例に漏れず動力集中方式のPendelzugが主流である。またスイスではこちらも欧州諸国では一般的な信用乗車方式が採られている為、改札のない開放感のある駅構内も駅係員窓口や自動改札機に馴染み深い日本人からすると非常に新鮮であった。  Zürich Hbfでの観光客丸出しの見物もそこそこに、手早くOlten行のIC5に乗り込みOltenからはSbahnでZürichの西のSissachへと向かう。初日の狙いはRheingoldだ。 Rheingoldとは、直訳すると「ラインの黄金」という意味で、愛を断念できる者だけが手に入れられる黄金がライン川の川底に眠っていて、その黄金で造った指環を嵌めた者は無限の力を得て世界を支配できるが、その者には死の呪いが降りかかる、というドイツ神話のことだ。 とは言え、日本人の鉄オタ御一行がそんな神話の指環なぞ探しに行くわけは無い。本命は嘗てTrans Europ Expressという最優等昼行国際列車として走っていた列車のRheingoldの方だ。最終日に撮影するはずが、前述の旅程変更のおかげで初日に撮れるようになったのだ。  友人らと線路端に三脚を構える。日本とやっていることが代わ…

伝説の青きプリマドンナに魅せられて。Ⅱ

イメージ
第1章 遥かなるアルプスの懐。 7時丁度の起床放送で目を覚ます。旅行当日の朝に早起きしてしまう遠足前の小学生のような癖は未だに直らない。朝食を摂り身支度を手早く済ませて広島空港へと向かう。事前に学生課には欠課することを伝えてあるが、真面目に登校する学生とすれ違うというのは何とも違和感のある旅の幕開けであった。
 そもそも本来であれば今回の旅行は夏季休業中のはずで、登校する学生とすれ違うことも無かったのだが、7月の豪雨災害のおかげで夏季休業が前倒しになってしまったのだ。
そして自然災害といえばもう一つ、9月上旬に非常に強い勢力で近畿地方に上陸した台風21号も我々の旅程に甚大な被害を来した。当初、関西国際空港から北京乗継で中国国際航空の航空券を手配していたのだが、それも台風の影響で滑走路浸水、空港閉鎖の事態となり強制的にキャンセルとなってしまったのだ。
 前置きが長くなってしまったが、そんなこんなで出発地を関空から成田へと変更したので登校する学生とすれ違いながら広島空港へと向かう羽目になったのだ。
 広島空港からは春秋航空日本のIJ622便で成田国際空港へ。春秋は最寄りの広島空港にも就航している数少ないLCCだが如何せん広島空港の立地が悪すぎるので利用するのは今回が初めてのことだった。  チェックインカウンターで受託手荷物のオーバーチャージを取られて出鼻を挫かれたが、予約確認書に目を通さなかった自分のミスだと目を瞑る。JCBが使えないのは流石に頂けなかったが。 保安検査場をパスして成田へと向かうべく機内へと乗り込む。この春秋航空日本、国内のLCC事業者にしては少数派のBoeing737-800を運用している。AirbusかBoeingかと言われればBoeing派だが、機内へ乗ってしまえば殆ど一緒。LCC特有のペラペラな椅子も1時間そこらの国内線フライトならば耐えられないことはない。うとうとと船を漕いでいる内に気が付けば成田国際空港への着陸態勢へと入っていた。
IJ622便は定刻で成田国際空港第3ターミナルへと到着した。福岡からJetstarで到着した友人と合流して第1ターミナルを目指す。同じ空港内なのにターミナル間の連絡にバスでも15分という余りの立地の悪さに驚いた。後々このターミナル間移動が仇となるのだが、そんなことは露知らず。第1ターミナルであとの2人とも合流し、外貨両替を済ま…

伝説の青きプリマドンナに魅せられて。Ⅰ

序章 未知なる海の外へと。 東洋の小さな島国、日本。島国であるが故に中世には中国や朝鮮と言った近隣諸国と親密に交易を行ってきたため古くからアジア圏の影響を受けておりそれは現在の日本文化の中にも色濃く残っている。近代に入ってからはポルトガルやオランダ、アメリカと言ったアジア以外の国々とも交易を始め、近代化を図ってきた。しかし、江戸幕府が行った鎖国政策や太平洋戦争終結後のGHQからの渡航規制などの歴史的理由も背景に、現代日本人の海外に対する関心は薄いように感じる。
 斯く言う私も、数年前までは一生渡航しないだろうと思っていた非国際的日本人だったのだが、今回縁あってユーラシア大陸の西側、中央ヨーロッパへ渡航することとなった。
今回の旅行の目的はオリエントエクスプレス。アガサ・クリスティーの『オリエント急行の殺人』を始めとして様々な伝説の舞台となったその名は、鉄道への興味が無くとも聞いたことのある人は多いだろう。そんな伝説の列車が今も尚、当時と殆ど変わらぬ姿でヨーロッパ各地を走っているとなれば一鉄道ファンとして憧れない訳が無い。
 友人らと綿密な計画を立てて予定を摺り合わせ、9月11日から10日間の人生初の海外旅行へと出掛けることになった。さぁ、海の外ではどんな出会いが待っているのだろうか。
第1章 遥かなるアルプスの懐。 ©Ito 2018-